精密位置決め、位置検出の精度UP・コスト削減・省スペース化・特殊環境対応でお困りのエンジニアの皆様へ

Q&A改善事例

? レーザセンサが、悪環境で誤検知…
φ0.5mmの小径ドリルの工具長を検知したい!?

こんにちは、加工機メーカーのエンジニアです。
φ0.5mmの小径ドリルで基板に穴をあける「プリント基板ドリル穴あけ機」を製造しています。

現在、小径ドリルの工具長検知に、30万円以上の『レーザーセンサ』を採用しているのですが、
ドライ加工による切粉や粉塵で、誤動作が頻繁に起こり困っています…。

できれば、レーザーセンサと同精度(1µm繰返し精度)で、
安定した工具長検知を行いたいのですが、
ドリル径がφ0.5mmと極細なので、接触式の場合ドリルが折れてしまわないか心配です。

接触式の『精密位置決めスイッチ』でも、φ0.5mmの小径ドリルは検知可能ですか?

! 悪環境に強い接触式センサ。
0.5Nの低接触力で、φ0.5mmの小径ドリルでも確実に工具長を検知!

ご質問ありがとうございます。

低接触力タイプの「精密位置決めスイッチ」なら、
接触力0.5Nで、φ0.5mmの小径ドリルの工具長検知が可能です。

動作形態がノーマルクローズで、動作までの距離(プリトラベル)がほとんど "0mm"
つまり、スイッチのコンタクト面に触れた瞬間に位置信号を発信!!
ドリルに掛かる力を、最小限に抑えられます。

また、接触式スイッチは、切粉や粉塵などの外部悪環境による誤動作を起しにくく、
価格も15,000円程度と低価格ながら、レーザーセンサー以上の精度(0.5µm繰返し精度)を発揮します。

プリント基盤加工機をはじめ、タッピングマシンなどの
小型マシニングセンタの小径ドリルの工具長検知・原点出しの「スイッチ」として、世界トップシェアを有しています!

小径ドリルの工具長検知でお困りの方は、ぜひ一度メトロールまでご相談ください。


↓海外メディアでも紹介されました。