精密位置決め、位置検出の精度UP・コスト削減・省スペース化・特殊環境対応でお困りのエンジニアの皆様へ

Q&A改善事例

? 自動編み機のボビン位置決めに、近接センサでは精度が低く、困っています。

こんにちは、「自動織り機メーカー」のエンジニアです。

現在、自社の "自動編み機" のボビン(糸巻)の位置決めに、
3,000円程の安価な近接センサーを採用しているのですが、
50μmと精度が悪く、生地の品質にムラが生じてしまい困っています…。

ボビンから糸を均一に送り出すには、ボビンの "精密位置決め" が重要なのですが、
一台の機械につき、100個以上のボビンを使うため、
あまり高価なセンサーは採用できません。

近接センサーと同価格で、精度の高いセンサー…なんてありませんか?

! 近接センサーと同価格で、10倍の精度!
コスト面で "精密位置決め" をあきらめていませんか?

ご質問ありがとうございます。

低価格での位置決めも、「精密位置決めスイッチ」メトロール にお任せください!

近接センサーには、"応差" と呼ばれる「ON / OFF の間に生じる不感帯」があり、
精度を求められる "位置決め" には不向きです。
かといって、精度の高い変位センサーなどは、1本1万円以上することも…。

しかし、あきらめることはありません!

メトロールの中精度タイプのスイッチは、近接センサーと同価格(3,000円程度)でありながら、5μm!! と10倍以上の繰返し精度(信号点のバラツキ)を発揮。

アンプを使わず、精密部品によって構成されているので "応差" がなく、僅かなボビンの動きも、確実に検知する事ができます。

自動織り機業界では、光センサーでは検知できない「綿」の残量検知などにも実績があります。
「自動織り機」の "ボビンの位置決め" でお困りの方は、ぜひ一度メトロールまでご相談ください。