精密位置決め、位置検出の精度UP・コスト削減・省スペース化・特殊環境対応でお困りのエンジニアの皆様へ

Q&A改善事例

? 壊れていないのに、スイッチの誤信号が多発...
ディスクブレーキパッドの開閉を確実に検知したい!

初めまして、ブレーキメーカーのエンジニアです。
エレベーター用のディスクブレーキを設計しています。

ブレーキパッドの開閉確認に、「てこ」のような「拡大機構」を設け、パッドの動きを拡大し、
マイクロスイッチや近接センサ で、検出しているのですが、
ブレーキパッドの僅かな動き(0.5mm)が、どうも安定して検知できません…。

事故の原因に繋がりかねない、重要な装置なので、
信頼性を向上させたいのですが、何か良い解決策はありますでしょうか?

! 0.5mmの微小動作も確実に検知。
「精密位置決めスイッチ」で、問題解決!!

ご質問ありがとうございます!!

マイクロスイッチや近接センサには『応差』と呼ばれる『ON/OFFの間に生じる不感帯』があり、
0.5mmの微小動作を、確実に検出する事はできません。

「微小動作の拡大機構をわざわざ作るはめになった…」
「取付け調整に多くの時間をとられた!!」

など、同じような悩みでお困りの方は、たくさんいらっしゃいます。
しかし、諦めることはありません。

メトロールの精密位置決めスイッチは『精密機械式』。
精密部品によって構成されているので『応差』がなく、ディスクブレーキのパッドに、直接当てることにより、
0.1mm の微小動作も確実に検出する事ができます。