精密位置決め、位置検出の精度UP・コスト削減・省スペース化・特殊環境対応でお困りのエンジニアの皆様へ

Q&A改善事例

? 液晶ガラスに付着した水滴で、光ファイバセンサが誤検知してしまう…

こんにちは、半導体装置メーカーのエンジニアです。

液晶ガラスの有無検知に、光ファイバセンサーを使用しているのですが、
製造工程時に付着した水滴に反応してしまい、安定した検知ができず困っています。
接触式のセンサーだと確実に検知できるようですが、
ガラスを傷つけてしまわないか、不安です…。

なにかいい方法はありませんか?

! 接触式でも、0.1Nの低接触力。
水滴をつぶして安定検知!

ご質問ありがとうございます。

接触式のスイッチ・センサーは、検知体を傷つける…と思い込んでいませんか?
メトロールの「精密位置決めスイッチ」レバー式は、0.5Nの低接触力(IP65)が可能。
スイッチの先端で水滴をつぶすため、水滴での誤動作もありません。

現在では、大手半導体装置メーカーの、繊細な「ウェハー」や「ハードディスク」の検知に続々採用されています。
デリケートなワークの接触検知でお困りの方は、メトロールまでご相談下さい。