精密位置決め、位置検出の精度UP・コスト削減・省スペース化・特殊環境対応でお困りのエンジニアの皆様へ

Q&A改善事例

? 隣り合う近接センサーが相互干渉を起し、安定して検知できない…

こんにちは、機械装置メーカーのエンジニアです。

ワークの有無検知に、近接センサーを使用しているのですが、
隣り合う近接センサーが相互干渉を起こすので、取付け間隔を広くとる必要があり、困っています。
生産性にも影響するので、なるべく一度に多くのワークを検知したいのですが、
小型タイプの光センサやレーザーセンサは、コストが掛かり採用できません。

なにかいい方法はありませんか?

! 最小外径φ5、並べて取付けても安定検知!
近接センサの相互干渉でお困りなら、磁場を生じない機械式にお任せください。

ご質問ありがとうございます。

狭い間隔での有無検知も、精密位置決めスイッチにお任せください。
メトロールのスイッチは、磁場を生じない機械式。
最小外径φ5の小形タイプなら、狭い間隔で並べて使用する事ができ、
一度に多くのワークを検知する事ができます。