精密位置決め、位置検出の精度UP・コスト削減・省スペース化・特殊環境対応でお困りのエンジニアの皆様へ

Q&A改善事例

? 金型の密着確認、従来のエアセンサの精度が低く困っています。

こんにちは、精密部品メーカーのエンジニアです。
小型電子部品のアルミ押出し成形をしているのですが、型と型との密着精度が低く、困っています。
精密部品のため、20μmの金型のスキマでも品質低下の原因に…。

金型周りは高温のため、「非接触式」で密着を確認したいのですが、
従来の密着確認用のエアセンサの精度は±10μmと低く、精密な密着確認ができません。

なにか良い方法はありませんか?

! 0.002mmのスキマを安定検出!密着確認は「エアマイクロスイッチ」にお任せください。

ご質問ありがとうございます。
0.002mmスキマの安定検出も、メトロールにお任せください。

メトロールの新製品『エアマイクロスイッチ』は、従来製品の10倍、
±1μmの繰返し精度を実現!
空気マイクロメーターを応用した「非接触式」で、2μmの隙間も安定検出することができます。

また、高い再現性で、現場での頻繁なマスター合わせが不要。
IP67の保護構造で、悪環境下で精度を求められる工作機械のワーク着座確認や、
グラインダー内でのウェハー厚さ検出で、既に実績があります。

ぜひ一度、メトロールの『エアマイクロスイッチ』をお問い合わせ下さい。