精密位置決め、位置検出の精度UP・コスト削減・省スペース化・特殊環境対応でお困りのエンジニアの皆様へ

Q&A改善事例

? 接着剤塗布のノズル高さ検出に「接触式変位センサ」、コストがかさみ困っています…。

こんにちは、ディスペンサー装置メーカーのエンジニアです。
スマートフォン用強化ガラスの接着剤ディスペンサー装置を設計しています。

強化ガラスに接着剤を塗布する際、「接触式変位センサ」を使用し、ノズル高さを計測、数値を装置にフィードバックし、接着剤を塗布しているのですが、「接触式変位センサ」が、1台5万円以上と高額で、コストがかさみ困っています…。
常に同じ高さで、接着剤を塗布するため、数値表示は必要ないのですが、
低コストで検出できる方法はありますか?

! 1/10コストダウン!高精度の『精密位置決めスイッチ』で、問題解決!

ご質問ありがとうございます。
接着剤ディスペンサーのノズル高さ検出も、メトロールにお任せください!

メトロールの『精密位置決めスイッチ』は、高精度のON/OFF位置信号でノズル高さを検出できるので、数値表示ユニットが不要!
接触式変位センサと同等精度ながら、
・0.5μm繰返し精度であれば、1本10,000円程度
・5μm繰返し精度であれば、1本5,000円程度と、
なんと1/10のコストダウンが実現します。

また、コンタクトの先端を樹脂に変更し、接触力を下げることで、繊細なガラスに傷をつける心配もありません。

工作機械内のインゴット外形計測、板金の重ね取り計測などに採用されています。
低価格、高精度の『精密位置決めスイッチ』を、ぜひ一度お問い合わせ下さい。