精密位置決め、位置検出の精度UP・コスト削減・省スペース化・特殊環境対応でお困りのエンジニアの皆様へ

Q&A改善事例

? エンジンの精密加工、エア着座センサの繰返し精度が悪くて困った…。

こんにちは、金属加工メーカーの機械ユーザーです。
CNCマシニングセンタによる、エンジンの精密切削加工をしています。

エンジンフレームを、ロータリーテーブルにチャックする際、「エア着座センサ」を使用して、エンジンとテーブルの密着確認を行なっているのですが、エアセンサの繰返し精度が50μmと低く、切粉による0.01mmのスキマが検出できず、困っています…。

近年、エンジンのハイブリッド化に伴い、より精密な加工が求められているのですが、何か良い方法はないでしょうか?

! 2μm繰返し精度で、切粉のスキマも安定検出!メトロールの『エアマイクロスイッチ』で一発解決!

ご質問ありがとうございます。
マシニングセンタのワーク密着確認も、メトロールにお任せ下さい!

メトロールの『エアマイクロスイッチ』は、空気マイクロメーターの原理を応用した精密機械式。
従来製品の10倍以上、2μmの繰返し精度で、切粉によるスキマも安定して検出。エンジンの精密切削加工が実現します!

CNC旋盤のワークチャック確認、工作機械のワーク密着確認、エアセンサの精度でお困りの方は、ぜひ一度メトロールの『エアマイクロスイッチ』をお問い合わせ下さい。

エアマイクロスイッチのカタログPDFダウンロードはコチラ↓↓↓
http://www.ichigime.com/air/