精密位置決め、位置検出の精度UP・コスト削減・省スペース化・特殊環境対応でお困りのエンジニアの皆様へ

Q&A改善事例

? パワーステアリング部品の10μmの浮き上がりを検出できず困った…

こんにちは、自動車部品メーカーのエンジニアです。

CNCマシニングセンタを使い、パワーステアリング部品のフライス加工を行っています。

パワーステアリング部品とテーブルとの密着確認に、空圧式『ギャップセンサ』を使用しているのですが、繰返し精度が50μmと低く、切粉やゴミの挟み込みによる10μmの浮き上がりを検出できず困っています…。

また、エア配管の取り回しが5mにもなるため、応答性が悪く、タクトタイムが5秒もかかっています…

できれば、テーブルの近くにエアセンサを設置したいのですが、
機内は切粉が飛び散る悪環境のため、防水性の低い『ギャップセンサ』は設置することができません。

部品の加工精度を上げるためにも、10μm以上の密着精度が求められます。
タクトタイムの短縮も図りたいのですが、何か良い方法はありませんか?

! 10μmの浮き上がりを安定検出。『エアマイクロスイッチ』で、フライスでの超精密加工を実現!

ご質問ありがとうございます。
パワーステアリング部品の密着確認も、メトロールにお任せ下さい!

メトロールの『エアマイクロスイッチ』は、従来の空圧式『ギャップセンサ』の10倍以上、±1μmの繰返し精度で、切粉やゴミの挟み込みによる10μmの浮き上がりを安定検出!
高精密フライス加工で、パワーステアリングの品質向上をラクラク実現します。



さらに、IP67の保護構造でCNCマシニングセンタ機内に設置でき、エア配管が5mから1m以内に短縮。
タクトタイムも5秒から0.8秒に大幅短縮。
生産性の向上を実現!

モーター部品の「圧入確認」や、ABSシリンダーの「着座確認」、ダイカストエンジンの「密着確認」など、高い精度が要求される自動車業界で、多数採用実績があります。
ぜひ一度、メトロールの『エアマイクロスイッチ』をお問い合わせください。

エアマイクロスイッチのカタログPDFダウンロードはコチラ↓↓↓
http://www.ichigime.com/air/