精密位置決め、位置検出の精度UP・コスト削減・省スペース化・特殊環境対応でお困りのエンジニアの皆様へ

Q&A改善事例

? 砥石の摩耗検出に高額のタッチプローブ!?コストがかかり困っています…

こんにちは、工作機械メーカーのエンジニアです。
CNC研削盤の設計を行っています。

現在、砥石の摩耗検出に、『タッチプローブ』を使用しているのですが、
簡単な砥石の端面計測にもかかわらず、1本10万円以上と非常に高額…。
ユーザーからも、機械のコストダウンを求められ、困っています。

砥石の回転を止めて検知するため、接触式のセンサーを探しているのですが、同じ1μmの再現性で、もっと価格の安いセンサーはありませんか?

! 1/10の価格で0.5μm繰返し精度!コストダウンが実現。

ご質問ありがとうございます。
CNC研削盤の砥石の摩耗検出もメトロールの『精密位置決めスイッチ』にお任せ下さい。

メトロールの『精密位置決めスイッチ』は、他社製のタッチプローブと同精度0.5μmの再現性で、価格はナント1/10の1万円〜!

IP67の保護構造で、クーラントや切粉の飛び散る悪環境にも強く、砥石摩耗検出のコストダウンを実現します!

小型マシニングセンタの「工具長補正」や、加工機の「刃先摩耗検知」、NC研削盤の「端面計測」など、多数の採用実績があります。

『精密位置決めスイッチ』を、ぜひ一度お問い合わせ下さい。