精密位置決め、位置検出の精度UP・コスト削減・省スペース化・特殊環境対応でお困りのエンジニアの皆様へ

Q&A改善事例

? 自動車足回り部品のチャック確認、治具と部品の間に切粉が挟まり、精密加工ができない…。

こんにちは、自動車部品メーカーのエンジニアです。
CNCマシニングセンタを使用し、自動車の足回り部品を製造しています。

切削加工の際、専用治具に部品をチャックし、加工を始めるのですが、「治具」と「部品」の間に切粉を挟んでしまうことがあり困っています…。

切粉による10μmの浮き上りが、加工精度に大きく影響するため、精密なチャック確認をしたいのですが、現場はクーラントや切粉が飛び散る悪環境で、使用できるセンサがありません…。

自動車メーカーからも、部品精度向上の要求があり困っているのですが、何か良い方法はないでしょうか?

! IP67、±1μm繰り返し精度『エアマイクロスイッチ』で、悪環境下でも精密チャック確認ができる!

ご質問ありがとうございます。
自動車足回り部品の加工時の「治具」と「部品」のチャック確認も、メトロールの『エアマイクロスイッチ』にお任せ下さい。

メトロールの『エアマイクロスイッチ』は、±1μmの繰返し精度で、切粉の挟み込みによる10μmの浮き上りも安定して検出!

IP67の保護構造で、切粉やクーラントが飛び散る工作機械機内に設置することができ、足回り部品の超精密加工を実現します!

「ABS部品」や「ターボエンジン部品」などの自動車関連部品の超精密加工の現場で課題をお持ちのお客様や、中京地区の大手自動車メーカー様からも、ワークと治具の“密着確認”に、当社の『エアマイクロスイッチ』を使いたいという声を多数頂いております!

自動車部品の加工精度向上でお困りの方は、ぜひ一度、メトロールの『エアマイクロスイッチ』をお問い合わせくだい。

エアマイクロスイッチのカタログPDFダウンロードはコチラ↓↓↓
http://www.ichigime.com/air/