精密位置決め、位置検出の精度UP・コスト削減・省スペース化・特殊環境対応でお困りのエンジニアの皆様へ

Q&A改善事例

? タイヤ金型の切削加工で、治具と金型との間に切粉が挟まり困った…。

こんにちは、金型メーカーのエンジニアです。
CNC横型マシニングセンタを使い、自動車用タイヤ金型の加工をしています。

金型の切削加工の際、治具に金型をクランプするのですが、治具の底面と金型との間に、ドライ加工による切粉を挟み込んでしまうことがあり、困っています…。

切粉の挟み込みによる「治具」と「金型」の10μmの僅かな浮き上がりが、加工精度に大きく影響するのですが、タイヤ金型は高価なため、加工の失敗が許されません…

何か良い方法はないでしょうか?

! ±1μm繰り返し精度『エアマイクロスイッチ』で、切粉の浮き上がりも安定検出!!

お問い合わせありがとうございます。
CNC横型マシニングセンタの、治具とワークの「密着確認」も、メトロールの『エアマイクロスイッチ』にお任せください!

メトロールの『エアマイクロスイッチ』は、エアマイクロの原理を応用した精密機械式。
±1μmの繰返し精度で、切粉による10μmの浮き上がりも安定して検出できるので、タイヤ金型の超精密切削加工が実現。
もう、加工の不良の心配はありません!

自動車エンジン部品の「着座確認」や、足回り部品の「プレス密着確認」など、高い精度が求められる自動車業界でも多数の採用実績があります。

ぜひ一度、メトロールの『エアマイクロスイッチ』をお問い合わせください。