精密位置決め、位置検出の精度UP・コスト削減・省スペース化・特殊環境対応でお困りのエンジニアの皆様へ

精密位置決め現場レポート

放射線治療装置で共に病魔と闘うスイッチ

放射線治療装置/医療業界

放射線治療の裏側で

最近、何かと注目を集める放射線。
その健康被害は日々のニュースでクローズアップされていますが、一方では"がん治療"などに使われる『放射線治療装置』など、病魔と闘うための強力な武器として活躍しています。

放射線治療装置には、放射線を当てたい箇所にだけ"細胞レベル"で、ピンポイントに照射するための"コリメーター"という機構があり、そこでは多くの位置決めが必要になります。

放射線の影響で、近接センサーが劣化…

しかし、放射線の影響を受ける環境下では、近接センサーなど、電子部品を使うセンサーを使用する事ができません。
放射線による影響で、電子部品がすぐに劣化してしまうのです。

放射線対応スイッチで解決!

そこで、白羽の矢が立ったのが、メトロールの精密位置決めスイッチ。

メトロールのスイッチは、電子部品を一切使用しない"精密機械式"。
放射線の影響を受けず、1μmの精度で『放射線の照射位置決め』が可能になりました。

まさに、病魔と共に闘える強さを持ったスイッチなのです!