精密位置決め、位置検出の精度UP・コスト削減・省スペース化・特殊環境対応でお困りのエンジニアの皆様へ

精密位置決め現場レポート

クルマの快適なドライブを支えるスイッチ

タイヤ用金型/自動車業界

クルマの安全を支える「タイヤ」

今年、日本各地で大型ショッピングセンターが続々とオープンしています!
そうしたショッピングセンターは、国道やバイパス道路沿いに進出していることが多く、クルマでショッピングに行かれる方も多いのではないのでしょうか?

そんなクルマの走行に必要不可欠なのが、「タイヤ」です。
クルマのスリップや横滑りを抑える、といった安全性の面で、「タイヤ」の品質はとても重要。

タイヤには、表面にトレッドパターンと呼ばれる、立体的なミゾが刻まれているのですが、このミゾがスリップや横滑りを防ぎ、雪道や雨天時の安全な走行を可能にしてくれるのです。

このトレッドパターンは、タイヤ用金型によって成形されるため、「金型」の精度が、タイヤの性能を左右すると言っても過言ではありません!

各社タイヤメーカーもしのぎを削り、品質向上に励んでいますが、そんなタイヤの成形に欠かせない「金型」の切削加工において、ある問題があったのです!

切粉の挟み込みでタイヤ用金型の加工不良が出てしまう…!?

CNC横型マシニングセンタで、タイヤ用金型の切削加工をする際、治具と、金型の底面との間に、ドライ加工による切粉を挟み込んでしまうことがありました。

切粉の挟み込みによって「治具」と「金型」に10μmの僅かな浮き上がりができ、それがタイヤ用金型の加工精度に大きく影響してしまっていたのです…。


エアマイクロスイッチで、タイヤ用金型の加工不良が無くなった!

その悩みをズバッ!と解決したのが、メトロールの『エアマイクロスイッチ』です。

『エアマイクロスイッチ』は、エアマイクロの原理を応用した精密機械式で、±1μmの繰返し精度を実現。
切粉による10μmの浮き上がりを安定して検出し、タイヤ用金型の超精密切削加工を可能にしました!

メトロールの位置決めスイッチは、タイヤの品質向上で、今日も、安全で快適なドライブを陰ながら支えています。